誰かにお金を借りることが勧められないわけ

賢いお金の借り方まとめナビ

MENU

誰かにお金を借りることが勧められないわけ

お金が必要になった時にまず父親の顔が思い浮かんだ、あるいは兄弟姉妹や友人のことが思い浮かんだという方もいらっしゃるでしょう。誰かにお金を借りる事は簡単なようで決して簡単なことではありません。「知っている誰かに借りるのだったら利息を払わなくていいよね。」と安直な気持ちで誰かに借りることを選択してしまうと、そこから大きな失敗となってしまうかもしれないのです。

 

お金を貸したら返ってくると思うな、お金を貸すということはお金をあげるということ、と言われたことがあるのではないでしょうか。友人でもお金を貸してほしいというだけで、本当の友人ではなかったのだ、と受け取られてしまうおそれがあります。友人だけではありません。たとえ家族間でもお金の貸し借りはトラブルへとつながっていくものなのです。

 

少額を気軽に借りるなら、誰かに頼めばいいと思っている方はその考えを根本から直す必要があるでしょう。はっきりと何かを購入するため、という書類などを準備できなくてもお金を借りる方法はあります。

 

自分でお金の使いみちを決めることができるカードローンやフリーローンを利用するとよいのです。カードローンでは今は限度額、金利など様々な商品があります。まとまった金額を借りることもできますし、ごく少額を借り入れするという方法もあるのです。

 

ローンと名がつくからにはもちろん利息を支払わなくてはいけません。しかし、利用した日数分だけの利息を支払うようになっているカードローンがほとんどですから、早く返せばそれだけ利息を軽減することもできるのです。

 

銀行口座にローン機能を付けて、お金が足りない時に自動的に融資ができるというカードローンもあります。とにかく自分のお金の使いみち、必要な金額、カードローンをどのように使っていくのかを自分の目的によってしっかりと決めて申し込みましょう。誰かに借りてトラブルになってしまうというリスクを冒さないためにも、こういったカードローンを積極的に利用していきたいですね。