教育ローンを利用する

賢いお金の借り方まとめナビ

MENU

教育ローンを利用する

お子さまに納得いく教育を受けさせたい、これはどなたも考えることでしょう。積立や貯金などきちんと対策をしていた方でもいざ大学に進学した、海外留学をすることになった、という時に足りないと感じることもあるはずです。

 

お金が足りないために進学先を変更する、留学を諦める、こういったことはお子さまのためにも避けたいところです。教育資金を準備したい時には、教育ローンを利用しましょう。

 

教育ローンを取り扱っている金融機関として銀行はもちろんのことJAやろうきん、さらに国の教育ローンとして日本政策金融公庫などがあります。もちろん借入額などによっては、教育ローンという商品ではなくてもフリーローンやカードローンを充てることもできるでしょう。

 

教育ローンにも担保が必要なもの、担保がなくても申し込みができるものがあります。また、カードローンのように限度額まで何度か借りることができるものもあります。

 

注意するべきところは、お金の使途が限定されている場合や対象の学校が指定されている場合です。授業料や入学金としてのみしか利用できない、という場合なら一人暮らしのためのアパートの費用には充当させることができません。また対象の学校でなければ申し込むこともできないわけです。他にも奨学金と併用できるかできないのかといったことにも気を付けておきましょう。

 

金利を見ることも必要ではありますが、まずは申し込みをしたい教育ローンの条件がどのようになっているのか、これをしっかりと把握しましょう。また、手持ちの資金なども併せてどのようにお金を使っていけば効果的にしっかりとお子さまの教育に使うことができるのか、これを常に意識することが必要になってきます。また大きな額となることが多いでしょうから、返済の計画や完済時期も併せて考えることが大切です。