銀行カードローンと消費者金融カードローンは借り方が違う?

賢いお金の借り方まとめナビ

MENU

銀行カードローンと消費者金融カードローンは借り方が違う?

「カードローン」と聞いたことがない方はいないのではないでしょうか。カードローンはカードを使ってお金を借りる方法ですが、気軽に銀行口座のように利用できるのが大きな特徴となっているものです。

 

カードローンには実はカードを使わずにネットなどだけで借り入れできる方法もあるのですが、それはさておき設定した限度額の範囲内で借りたり返したりを繰り返して利用できるものです。

 

さて、カードローンを取り扱っている金融機関はたくさんあります。銀行カードローン、消費者金融カードローンといったように個人向けの融資の商品は少し検索すればたくさん見つかるでしょう。

 

では銀行カードローンと消費者金融カードローンにはどのような違いがあるのでしょうか?この二つではお金の借り方も違ってくるのでしょうか?

 

どちらもカードを使ってATMでお金を借りるという方法は同じです。しかし、銀行カードローンではその銀行の預金口座がないと利用できないものもあります。また大きな違いとしては規制を受けている法律が違っているのです。

 

消費者金融は貸金業法に基づいた貸付を行っています。そのため借入額は年収の3分の1までと定められていますし、本人に収入がない場合は申し込みができません。銀行カードローンは貸金業法の規制を受けませんので、年収の3分の1を超えた金額でも申し込みができます。また、本人収入がない専業主婦の方なども配偶者の収入で審査を受けられる銀行カードローンもたくさんあります。

 

実際の利用方法には大きな違いがありませんし、金利や限度額にも実はそう大きな違いはないのです。自分の借り入れ目的、ネットで借りるのか、ATMで借りるのか、さらに返済はどうするのか、こういった利用計画を元に金融機関を絞っていったほうがよさそうです。銀行だから、消費者金融だから、というこだわりを持っているとよいカードローンを見逃しているかもしれませんよ。